Windows 11搭載Surface Go 3は10/5、Surface Pro 8は11/1から国内発売、予約開始

マイクロソフトから、Windows 11搭載のSurfaceシリーズiconが発表になりましたが、日本でも直販サイトでの価格、発売予定日が公開されています。

まず、CPUが インテル® Pentium® Gold 6500Y搭載となった、Wi-FiモデルSurface Go 3iconが、65,780円から(タイプカバーは、別売り12,980円)で、10月5日に発売で予約受付開始。

OSは、Windows 11 Sモードで、Office Home & Business 2021が搭載。

液晶が13インチ(2880x1920)と大きく、120Hzの高速駆動になり、 第11世代のインテルCore™ i5-1135G7または、 Core™ i7-1185G7搭載でThunderbolt™ 4x2を装備した、Surface Pro 8icon は、11月1日からの発売で、148,280円から。

OSはWindows 11 Home。また、国内モデルでは、Office Home & Business 2021が搭載になります。

尚、大型化により、タイプカバーは従来モデルは使えず、新たに、Surface Pro Signature キーボードが必要で、これが21,890円(スリム ペン 2 付は33,660円)からとなっています。 いずれも、予約受付中。

そのほか、Surface Duo 2、Surface Laptop Studioは、2022年初頭の発売、ということで、技術仕様のみ発表になっています。


Windows 11搭載のSurfaceシリーズicon