スピーカー・マイク一体、話者自動追尾360°Webカメラ「Meeting OWL」購入で、ポケトークプレゼント

ソースネクストでは、AI機能により、話者にカメラが自動追尾で切り替わる、360°Webカメラで、スピーカー、マイク一体型の「Meeting OWL」を、3月31日までに購入し、4月30日(金)までにユーザー登録すると、同社の多言語自動翻訳機「ポケトークW」が貰える(9,900円相当)キャンペーンを実施中です。

Meeting OWLが、2020年日経優秀製品・サービス賞受賞した記念キャンペーン。



Meeting OWLは、小規模の会議、会合を、オンラインで視聴者や他会場とつなぐ時に便利で、生産性を上げる、360°Webカメラ(1080pフルHD)。



マイク、スピーカーも一体型で、PCとUSBケーブル1本で接続するだけ。

AIにより話者を特定し映像をフォーカス、また合計8個のマイクで音声も集音するので、カメラ・マイクの操作などが不要になるのが特徴。(半径2.5m以内推奨、マイクは5.5mまで認識)

スピーカーも3個搭載。
さらに、

  • 暗い部屋でもISO感度を自動調整し、映像を見やすく
  • 話者が遠い場合は、自動でズーム(スマートズーミング機能)

また、エコーキャンセリングと音量均一化(の機能で、音質もキープします。

会議室全体と話者を画面で見れるので、話しかけやすい。また、全員がノートパソコンを凝視したり、操作する必要もなくなりますね。

会議の他、パネルディスカッションや、大学のゼミの様子を配信するのにも便利そうです。

Zoom、Google Meet、Microsoft Teams、Skypeほか、主要オンライン会議システムのフロントとして対応。

価格は税込み126,500円と、それなりですが、5日間の無料体験、月額11,000円でのレンタルもあります。ただし、ポケトークがもらえるキャンペーンは、購入者のみ対応なので、ご注意ください。

OSは、Windows 8.1/10、macOS10.13~15、Ubuntu 16.04以降、ChromeOSに対応。
802.11 a/b/g/n機能(ファームウエア更新用)、Bluetooth5.0(スマホによる専用アプリ用)搭載。
サイズ111mmx111mmx273mm 重量1.2kg。

Meeting OWL