レスポンシブWebテーマ標準搭載となったMovable Type 5.2.2

サイト・ブログ運営CMSソフトの「Movable Type (ムーバブル・タイプ) 」が、新バージョン5.2.2にアップしました。

今回は、PC他スマホ、タブレットのブラウザの幅によって、レイアウトを自動的に変化させる、レスポンシブWebデザインテーマRainier」(デザインテンプレートのセット)を標準搭載しました。

既にバージョン5.x商用版を購入している方は、無償でアップデート可能。1サーバー5ユーザー版が、63,000円などとなっています。サーバー側にMySQLなどデータベースエンジン必須。非営利個人用無償版などもあります。

さらに、トップページのページ送り、パンくずリスト、og:imageのアップロード画像への変更などにも対応。カーバー画像の差替え、ロゴをテキストから画像への変更なども対応済み。

これは、バージョンアップをためらっていた方は、バグフィクス対策だけでなく、今後のマルチプラットフォーム対応の意味でも、早急に検討すべき「テーマ」かと思います。

また、旧標準テーマの一部にも対応するようですが、、すべて2カラムの右サイドバーのみのパターンになります。3カラムが必要という方は、小粋空間さんが作ってくださっていますので、ご参考に。


この他にも、入力時に、定型文を表示できるようになりました。これも便利ですね。

尚、このバージョンから表記が5.xxから5.x.xという表記に変わったようです。詳しくは公式サイトへ。
Movable Type (ムーバブル・タイプ)