タッチ13型FullHD、22時間駆動、Core i5-8265U、8GBメモリ、256GBSSD、Thunderbolt搭載、ペン付ノートが税別139,800円

日本HPでは、タッチ対応13.3型フルHD(1920x1080)IPS液晶が回転し、タブレット型でも使え、インテルCore i5-8265U(4コア最大3.90GHz)を搭載しながら、最大バッテリ駆動22.5時間(MobileMark 2014)、1024段階筆圧対応ペン付きノートPC、HP Spectre x360 13-ap0000 ベーシックモデルを、税別139,800円(送料3000円)で発売しています。

メモリは8GB(DDR4-2400)、256GBSSD(CIe / NVMe M.2)搭載、重量は1.32kg



デザインにこだわる同社のモバイル・ノートPCでも、最上位とされるシリーズ。

タッチ・ペン対応の液晶が回転して、ノート、タブレット、テント、スタンド型で利用できるモデルです。

さらに、軽量、高速・スタミナ仕様、セキュリティ機能を兼ね備えています。

アートワークを含むビジネス利用から、エンタメ利用までメインで使え、電源のないところでも長時間利用できます。

さて、お馴染みのゴールドの側面と、面取り(エメラルドカット)が、見た目に美しいだけでなく、ユニークなアイデアがあります。

面取りされたうしろ両角の部分に、USBのType-AとCの端子を備え、接続時に斜め45度後方にケーブルがいくので、ディスプレイや外部機器と接続する時や、充電中に、真横で接続するより、場所を取らなくなっています。

機能面では、Thunderbolt 3対応のUSB Type-C 3.1 Gen2を2つ備え、最大1733Mbps対応の2x2高速無線LANを装備、高速データ転送が可能。もちろん、4K外部出力も可能です。

セキュリティ面では、顔認証IRカメラ指紋センサー、Webカメラ機能を物理的に遮断するスイッチを備えるほか、オプションでのぞき見防止スクリーンも追加可能(アッシュブラックモデルのみ)。

また、バックライトキーボード、Audio by Bang & Olufsen クアッドスピーカーも搭載。

カラーは、アッシュブラック、ボンダイブルーから選択可能。

価格は、それなりですが、長時間バッテリに加え、1024段階筆圧ペン、セキュリティソフト正式版、専用ポーチもついていますので、リーズナブル価格といえます。


主な仕様:
●Windows 10 Home (64bit)
●インテル Core i5-8265U(4コア8スレッド/1.60-3.90GHz/6Mbキャッシュ)
●インテルUHDグラフィックス620内蔵 最大1.10GHz
●8GBメモリ(DDR4-2400)
●13.3型液晶 タッチ対応 1920x1080 IPS のぞき見防止機能オプション
●256GBSSD(PCIe / NVMe M.2)
●IEEE802.11a/b/g/n/ac(ギガビット対応) 2x2
●Bluetooth 5.0
●microSDカードスロット
●USB3.1 Type-A×1 (電源OFF USB充電対応)
●USB Type-C 3.1 Gen2×2(Thunderbolt 3)
●ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
●Audio by Bang & Olufsen 4スピーカー、デュアルマイク内蔵
●Windows Hello対応(IRカメラ & 指紋認証)、カメラOFFプライバシースイッチ
●200万画素Webカメラ
●加速度センサー、デジタルコンパス、ジャイロセンサー
●日本語キーボード(バックライト/2段階調光機能)
●TPMセキュリティチップ
●マカフィーリブセーフ (1年版)
●1024段階筆圧対応ペン、専用ポーチ
●1年間引き取り修理保証 最大3年オプション

HP Spectre x360 13 icon