さくらのレンタルサーバー、スタンダード以上でPHPモジュール化ほか各種高速化

さくらインターネット運営の「さくらのレンタルサーバ」では、月額515円100GBのスタンダード・コース以上で、PHP7.1のモジュール版対応ほか、各種高速化を実施しています。

4月18日以降、新規に契約したユーザーは、全ての高速化諸策を施したサーバーで、快適に利用が可能です。

PHPの高速化は、WordPressなどのCMS利用では、多くの場合、目に見えて高速になるので、恩恵が大きいところですが、さくらのレンタルサーバ も、ようやく、スタンダードコース以上で、7.1CGI版に加え、モジュール版に対応とのことです。

既存ユーザーにも、これだけは対応してもらいたいですねw

そのほか、ハードウエアの増強、高速Webサーバーnginx導入による、常時SSL化でのHTTP/2高速通信、全データベースサーバーのSSD化などが、4月18日以降新規契約または、移転ユーザーの環境となっています。

尚、既存スタンダードコースのユーザーが、いますぐ、全高速化の環境を手に入れるには、サーバーの契約し直しが必要で、初期費用もかかりますが、同社では既存ユーザーが新構成にサーバーに乗り換える場合、「新スタンダードプランを初期費用+スタンダードプラン1ヶ月分相当額を値引きするクーポンを配布予定」とのことで、料金的には、実質無料で移行できるようです。

ただし、サーバー名ほか、いろいろ設定情報が変わるので、移転すると、データ移行、WordPressなどの再設定など、ユーザー自身の作業も必要となります。

PHPのモジュール版対応のみ、既存ユーザーでも対応させるような、検討中の事項もあるとのことです。

さくらのレンタルサーバ