さくらのレンタルサーバ、サイトシール対応の独自SSL、年額税込み972円で開始

さくらインターネット運営の、さくらのレンタルサーバでは、日本語・英語の対応したサイトシールを表示できる、「JPRS ドメイン認証型SSL証明書」を、年額税込み972円で提供開始しました。

従来の年1,620円のラピッドSSLに代わるもので、実質上の値下げになっています。



さくらのレンタルサーバでは、他社でも広く使われている、無料の独自SSL「Let's Encrypt」にも対応していますが、サイト閲覧者に、より安全性をアピールできるサイトシールを表示する場合は、この「JPRS ドメイン認証型SSL証明書」が必要になります。

入力を伴う、ネットショップなどを運営している方には、是非欲しい機能ですね。しかも、月額換算81円程度です。

認証局が、日本の株式会社日本レジストリサービス(JPRS)というのもポイントかも。

法人から個人まで利用可能。コントロールパネルから即日発行されます。