SNS時代のウエブサイト

更新:

SNS時代のウエブサイト


このページでは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)興隆時代における、ビジネスに役立つ、ウエブサイト(ここでは、ブログといわゆるホームページの総称ということにしておきます)の構築について書いています。

尚、ページの最後で、リーズナブル価格の、お薦め構築システムや、レンタルサーバーのご紹介もしています。

SNSはフロー、ウエブサイトはストック

ソーシャル・ネット・ワーキング・サービス(SNS)が普及して、Facebook(ページ含)やツイッターなどを使うこと自体が、目的化している感がありますが、ビジネスの上では、SNSはあくまでも手段の一つです。

もちろん、SNSは、顧客や、顧客候補との人たちと、息長く、コミュニケーションをとったり、生の声を拾っていくには、大変有用です。

ですが、サービスや製品の事を、早く知りたいと思っている顧客やユーザー候補のニーズを、全て満たせるかというと、そうではありません。

SNSは、情報のフローで、コミュニケーションのツール。リアルタイム、素早い反応で力を発揮します。従って、常時対応してこそなのですが、担当者が置ける大企業は別として、中小の企業で、SNSばかりに集中、とはいきません。

また、Facebook上の検索では、人名や企業名などのアカウントで検索できますが、製品名とかトピックで検索することができません。タイムラインは、じっくりと、人物なり企業・ブランドの経緯を辿るにはいいのですが、一覧的に眺めたり、素早くキーワードを見つけることが難しくなっています。

ツイッターでは、検索は可能ですが、140字以内で説明しないといけないですし、タイミングを逃すと、大量のつぶやき情報の中に沈んでしまいます。


まずウエブサイト、それからSNS

まだ無名の企業が、サービスや製品の内容を知らしめるには、まずもって、カタログや広報的な内容を、ブログやいわゆるホームページで情報発信することが不可欠になっています。そういうバックヤード、情報のストックを作った上で、フローであるSNSを加えていくのが、効果的な手順といえるでしょう。

但し、例外として、SNSが先でも効果が期待できるのは、業務内容やサービスメニューが規定されていて明らかな「士業」「コンサルタント」系。
こちらは、ウエブサイトは後回しでも、SNSで、人となり・パーソナリティーを知らしめ、つながりを広げる事で、それなりの効果が期待できるでしょう。


ウエブサイトの充実・・・ホームページ+ブログ

さて、まずは情報のストックとして、検索されやすく、整理された、分かり易いウエブサイトをどう作るか、ですが、ビジネスでは時間とコストの制限の中で考える必要があります。

固定的内容の数ページを自分で作るなら、「ホームページビルダーicon」でも、検索されやすくするSEO対策やSNS連係ボタン付きで、ウエブサイトは作れます。

ただ、お決まりのテンプレートから、オリジナルなものに、あれこれ変えようと思うと、やはりHTML、スタイルシートといった勉強が必要になります。


新製品の情報や日々のニュースがたくさんあり、かつ、まめに書き続けられる、という場合は、時系列やカテゴリ別(ジャンル分け)一覧を自動的に作ってくれる、ブログサービスが効率的です。ただし、日々の情報は、どんどん下に流れていきますので、ブログ・オンリーだと少し厳しいかもしれません。


ある程度の規模の会社であれば、自分で制作するにせよ、業者に依頼するのにせよホームページ(固定ページ)+ブログという構成が基本になるでしょう。

そして、体系的に検索されやすいテンプレートがあり、固定ページと、ブログ機能をまとめて管理できるようにするには、ホームページ制作ソフトだけでは、難しくなります。

無料・低価格なウエブサイト構築ツール

そこで、今ではCMSツールと呼ばれる、ブログ運営ソフトのWordPressや、Movable Typeの利用が上げられます。

どちらもMySQLなどのデーベースを使う海外由来のソフトですが、現在は日本語化されています。これらは、レンタルサーバー上などに置いて、固定ページとブログを組み合わせてウエブサイトを構築できるソフトです。

オープンソフトのWordPress3.3xは無料で、標準添付のテンプレートだけでも、カスタマイズがそこそこできるソフトです。

但し、やはり細かいカスタマイズには、プラグインを使ったり、PHPというプログラムの知識が必要になってきます。
また、サポートは無いので、自分で制作するときは、ネット上や本で調べることになります。

Movable Typeは商用版が63,000円。現在は、日本の会社が開発担当になり、日本語でソフト自体のサポートが受けられる点が安心です。(サイトの制作は別)

また、カスタムフィールドが無いなど、一部制限はありますが、オープソース版Movable Type Open Source(MTOS/無料)もあり、こちらはサポート無しですが、PerlやPHPが多少使えれば、小規模な商用サイトが作れます。

また、上級者の方であれば、VPSサーバーのラピッドサイトが、MT商用ライセンス付きで月額1980円からと安いので、選択肢に入りそうです。


そして、これらWordPress、MTOSであれば、月額500円程度のレンタルサーバーでも、簡易インストール機能がついている場合がほとんどです。



SNSとウエブサイトの連係

ありがたいことに最近のSNSのサービスでは、ウエブサイトの情報を、SNSの投稿などに結びつけるソーシャルボタン(リンクボタン+若干のスクリプト)などが提供されていて、ブログやホームページに、コピペで組み込むことで、見ている人が、簡単に情報を自分のFacebookやツイッターに、引用できるようになっています。

ホームページ制作ソフト、ホームページビルダーでは、ソフトの中にソーシャルボタン用のソースが設定済みなので、固定ページであれば、簡単設定可能です。


また、一般の大手ブログ・サービスでは、ソーシャルボタンを追加したり、ブログの更新情報(タイトル+リンク)を、ツイッターなどに自動投稿する機能が、たいていあると思います。

大手ではありませんが、老舗のSeesaaブログでは、これらの機能があり、完全無料、独自ドメイン対応。
加えて、ツイッター側の投稿を自動で取り込む機能があり、広告表示も限界まで減らせます(ただしスマホ広告は消せません)。また、ウィジェットも自由に増やせます。

Facebook上にオリジナルなカスタムページを増やしたい場合は、TabImpact(無料/有料版あり)で、ブログの更新情報を、簡単にソーシャルボタン付きで取り込んだり、動画や写真を張り込むページを作れます。

さらに、Movable TypeやWordPressでのウエブサイト構築では、無料で使えるプラグインが各種あるので、これら組み込んでいけば、SNSとの連係は難しくありません。


Movable TypeやWordPressが使えるレンタルサーバー

現在では、月額500円クラスのレンタルサーバーなら、PHP利用は勿論、MySQLデータベースの複数利用、共用SSL、マルチドメインが使え、Movable Type Open Source(MTOS)やWordPressの簡易インストール機能が装備されているのが、当り前になっています。
(当然、ソフト購入でMovable Type商用版もインストール可能)

サーバーカウボーイ年額5000円(月416円/クレジット)、月払500円
さくらのレンタルサーバ スタンダード年額5000円(月416円)、月払い500円
・ロリポップ!(チカッパプラン 詳細はこちら)月額525円
・ロケットネット月額525円、最初の1年は年1000円。

尚、月額252円のロリポップ!(ロリポプラン 詳細はこちら)では、データベースは1個までですが、同様の機能があります。