2018年も8月6日(月)から8日(水)まで、仙台七夕まつり

今年も仙台七夕まつりの季節がやってきました。

今日の前夜祭花火大会から、明日、8月6日から3日間、仙台市中心部、アーケード街の中央通りと、一番町通りを中心に、紙と竹の優美な飾りを見ることができます。

また、一番町通りの北端にある、勾当台公園では、ステージイベントやグルメの提供もあります。⇒会場MAP(PDF)

毎年3日間の人出は200万人以上。今年は平日開催で、若干少なくなるかもしれませんが、大きな七夕飾りの間を歩くのも困難な時間帯もあります。

通りの所々で、カフェの他、冷たいものの出店などがありますから、水分を補給しながら、時間に余裕をもって歩きましょう。

例年、一番豪華な飾りのあるのは、地元老舗デパート「藤崎」界隈です。丁度、アーケード街と一番町通りの交点にあります。

月曜から水曜までまつりに伴い、仙台市中心部は、交通規制があり、また人出で渋滞もあると思いますので、お仕事の方は、この3日間、あらかじめ迂回路を検討された方がいいですね。⇒交通規制図(PDF)