2019年Vリーグ入り目指す、女子バレーチーム「リガーレ仙台」、8/26大和町でトライアウト

女子バレボールチームの「仙台ベルフィーユ」は、残念な形で終わってしまいましたが、このほど一般社団法人ネオ・バレーボールクラブ仙台運営の新クラブチーム「リガーレ仙台」が発足しました。

葛和伸元氏がシニアディレクター、船﨑恵視監督、雨堤みなみヘッドコーチの体制。

現在は、以下の3名だけの選手登録ですが、8月26日(日)に、ベルサンピアみやぎ泉体育館で、トライアウトが行われます。高卒以上または来年高校卒業見込みの女子対象です。


元日本代表監督で、仙台ベルフィーユの監督でもあった葛和氏が総指揮。監督は白鴎大学の元監督。コーチはベルフィーユの元選手ですね。

地域リーグからスタートし、2019年シーズンのVリーグ入りを目指します。

現時点の所属選手は、わっかった範囲のプロフィールでは、

  • 佐藤あり紗(仙台出身、古川学園高東北福祉大卒/日立リヴァーレ/リオ五輪代表/164cm29歳/リベロ)
  • 荻野雅子(静岡出身、岡崎学園高校-名古屋学院大学/仙台ベルフィーユ選手/169cm25歳/サイドアタッカー
  • 今野理子(聖和学園-大阪国際大卒/セッター)

公式ツイッター:https://twitter.com/New_VolleyTeam
参考:バレーボールマガジンほか