10/20アニメ映画 『この世界の片隅に』宮教大で上映会500円

アニメ映画の傑作『この世界の片隅に』の上映会が、10月20日(土)、仙台市の宮城教育大学の大学祭の中で行われます。当日10時から、2号館210教室前で入場券発売。500円。

上映は同教室で、10:10と13:00の2回。各回150名まで。


監督・片渕須直、原作・こうの史代、CVはのん(あまちゃん)他。

昭和の広島の軍港、呉を舞台に、戦時下の日常を、淡々と、一見ほのぼのと描きながら、静かにそして強烈に、戦争の本質を描く傑作です。

先日、TBSでの実写版ドラマがありましたが、声優としての、のんさんが演じる、すずの柔らかい感じは、また違った印象になると思います。

この作品は、第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞はじめ、第40回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞、2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・テン第1位など数々の賞に輝いています。

尚、上映のエンドロールのところで、紙芝居のような絵が出てきます。是非、途中で席を立たずに、見切って下さい。スピンアウト、エピローグが含まれています。

何回も観たくなりますが、12月には、エンドロールに要約された部分も含めた、ロングバージョンが、映画館で上映される予定になっています。