サッカー天皇杯決勝、ベガルタ仙台側チケット、7、8日ユアスタで2500枚追加販売

サッカーJ1のベガルタ仙台は、12月5日に、J2のモンテディオ山形との”みちのくダービー”、かつ、天皇杯準決勝を行い勝利、12月9日(日)18時から、埼玉スタジアムで行われる、浦和レッズとの決勝戦に駒を進めました。

チームとして初の決勝進出ですが、天皇杯決勝のチケットは例年、入手しづらく、ネット上のプレイガイドなどでは、既に完売状態になっています。

しかし、


明日12月7日(金)、8日(土)の2日間、仙台市泉区泉中央のユアスタ仙台(ユアテックスタジアム仙台)のチケット売り場で、ベガルタ応援席の自由席右側(3,100円)2,500枚と、SS席180枚(6,500円)が追加販売になります。

また、試合当日、埼玉スタジアムでは、ベガルタの応援グッズとして、ベガルタカラーの手ぬぐいマフラー、2万枚が配布されます。

今からですと、駐車場の確保、高速パスの手配も厳しいでしょうから、仙台から鉄道利用となるでしょうが、現地では、シャトルバスが運行されないようなので、埼玉スタジアム最寄りの浦和美園駅から、往復徒歩となるでしょう。

そのあたりをふまえて、是非、応援にかけつけて頂きたいものです。