サッカー高校女子選手権、常盤木学園高が1/6の準々決勝進出

今年は、サッカー女子のワールドカップが、6月にフランスで行われますが、なでしこジャパンに多数の選手を輩出している、仙台の常盤木学園高が、現在、高校女子選手権大会に出場中です。

昨日の1回戦では、静岡の強豪、藤枝順心を0-0からのPK戦の末に破り、今日の2回戦では、専大北上高に11-0と圧勝して、1月6日(日)の準々決勝に進出しました。


今日の試合では、連戦をふまえてスタメン選手を一部代えながらの大勝。今年インターハイ優勝のチーム力をみせました。

しかし、日曜の試合では、強豪の兵庫県の日ノ本学園と対戦。

ここから厳しい対戦が続きますので、ひとつひとつ粘って、今季2冠目を狙ってほしいものです。(TBSサイトで動画中継あり)

尚、1月7日(月)の準決勝は、BS-TBSで、13日(日)の決勝はTBS系地上波で中継されます。