「澁澤龍彦幻想文学館」展

仙台市青葉区台原の仙台市文学館で、特別展「澁澤龍彦幻想文学館」が行われている。
フランス文学者、小説家、様々なジャンルのエッセイストとして、多彩な顔を持つ作家の没後20年を記念しての特別展。澁澤の友人でもある巖谷國士氏が監修。

資料展示のほか、10月21日(日)に、評論家三浦雅士による講演(申込み不要)、10月28日(日)は学芸員による展示解説がある(無料、観覧券持参。申込み不要)。
また、11月4日(日)には、作家高橋克彦氏を迎えての文学サロン(無料、但し26日までに事前申込み必)がある。

期間は11月25日まで。特別展入場料は大人700円。月曜と休日の翌日は休館。

仙台育英の佐藤由規投手はヤクルトが交渉権

プロ野球の高校生ドラフトで、150km超の速球で甲子園を沸かせた、仙台育英高の佐藤由規投手に対して、巨人、ヤクルト、中日、横浜、楽天の5チームが指名し、抽選の結果、ヤクルトが交渉権を得た。今回は「黄金の腕」の楽天社長も及ばなかった。

“仙台育英の佐藤由規投手はヤクルトが交渉権” の続きを読む

仙台市図書館でネット予約始まる

仙台市立の各区図書館及びメディアテークで、インターネットによる、本などの貸し出し予約サービスが始まった。借りたい本を、図書館に行って探す前に、ネットで事前予約できる。対象の全館で利用可能。

利用するには、、事前に図書館で、住所の分かる身分証明書などを持参の上、利用者カードを作成し、仮パスワードの発行を受ける必要がある。仙台市民が主な対象だが、仙台圏在住で、学校や勤務先が市内の人でも利用可能。

ひとり10冊までで、貸し出し期間は2週間。但し、一冊でも返却遅れがあると借りられない。

“仙台市図書館でネット予約始まる” の続きを読む

10月6日から第2回仙台クラシックフェスィバル

第2回仙台クラシックフェスィバル2007(せんくら)が、10月6日(土)~8日(月・祝)の3日間、旭ヶ丘の青年文化ホールを中心に、地下鉄沿線の4会場で行われる。前売り券(1000円)の発売中。

クラッシク音楽を、「楽都仙台」で誰でも気軽に親しんで貰おうという趣旨に賛同した、プロの音楽家が、延べ101公演を行う。⇒出演者ブログ

出演は、山下一史指揮の仙台フィルや仙台出身者が中心だが、元イ・ムジチ合奏団のフェデリコ・アゴスティーニや、前橋汀子、藤原真理、仲道郁代、米良美一、森麻季など人気の演奏家も多数出演。また今年は、ジャズピアニスト山下洋輔や詩人谷川俊太郎の朗読などのコラボ企画もあり、多彩なプログラムとなっている。

“10月6日から第2回仙台クラシックフェスィバル” の続きを読む

10月6日-7日みちのくYOSAKOIまつり

10月6日(土)10時から-7日(日)第10回みちのくYOSAKOIまつりが、仙台市の地下鉄主要駅周辺の各会場(泉区民ひろば、旭ヶ丘駅前、勾当台公園、仙台駅西口、錦町公園、一番町4丁目、ザ・モール長町など)で行われる。

手に鳴子を持って、東北民謡の一節をいれるというルール以外は、自由な演舞が行われる参加型のお祭り。参加チームは7月に締め切り。今年は260チーム、約8500人が参加予定とのこと。