三浦明博著「ゴッド・スパイダー」を読む

三浦明博著「ゴッド・スパイダー」を読みました。

筆者の数年ぶりの書下ろし単行本ですが、ネットハッキングと、生物模倣の企業秘密という、二つの題材を織り交ぜた「社会派ミステリー」。以下ネタバレあり。


ネットハッキングについては、それこそネット上やマスコミにも、多数露出しているので、もう少し突っ込んだ展開があったらと思う反面、あまり話が専門的になると、ストーリーの方がぼやけてしまう、というジレンマがあったのかもとも思います。

生物模倣の方は、蜘蛛の糸の研究から、新たな軽くて丈夫な繊維を作り出すといもので、幾度かテレビなどで取り上げてられているので、「凄さ」は、いまひとつ。

しかしながら、学生時代の研究仲間との長い時間を経ての人間関係を絡めて、防御側と、ハッカーの戦いという展開になってくると、だんだん面白くなっていきます。

ハッカーに対抗する「無害化の奇策」には、思わず「ええー」となります。

こういう長い時間軸の話は、著者お得意の展開力が生きてきますね。あまり、専門性に拘らずに、気軽に読むと楽しいと思います。

尚、電子書籍版が、各プラットフォームから、1296円で発売になっています。

三浦明博 著  『ゴッド・スパイダー』 
本購入:【amazon】 【honto本】 【楽天ブックス】 【紀伊國屋】  【セブンネット
電子書籍:【Kindle】【honto】【楽天電書】【Kinoppy】【BookLive

発行:2016/8/31 出版社:講談社 紙価格:1620円
ジャンル:ミステリー 形態:単行本