佐伯一麦著『山海記』発売中

佐伯一麦の長編小説『山海記』が3月22日に発売されています。

東北の大震災後、水辺の災害の歴史と土地の記憶を辿る旅を続ける彼は、その締めくくりとすべく、大震災と同じ年に台風12号による記録的な豪雨に襲われた紀伊半島に向かった。バスの車窓から見える土砂災害の傷跡を眺める彼の胸中には、クラシック好きで自死した友・唐谷のことなど、さまざまな思いが去来する。現代日本における私小説の名手が、地誌と人びとの営みを見つめて紡ぐ、人生後半のたしかで静謐な姿。

とのことです。

『群像』に2016年から2018年まで、20回にわたって連載したものを単行本化。

電子書籍版も、iTunesを含む各プラットフォームから、発売になっています。

佐伯一麦 著  『山海記』 
本購入:【amazon】 【honto本】 【楽天ブックス】 【紀伊國屋】  【セブンネット
電子書籍:【Kindle】【honto】【楽天電書】【Kinoppy】【BookLive】 
【iTunes】山海記 - 佐伯一麦
発行:2019/03/22 出版社:講談社 紙価格:2180円
ジャンル:純文学 形態:単行本