伊集院静著『日傘を差す女』を読む

8月に出版された、伊集院静著『日傘を差す女』を読みました。

著者としては珍しい、旅情ミステリーというか、犯罪小説です。

謎解きよりも、映像が目に浮かぶような描写と、地域性、血筋、そして松本清張を彷彿とさせる「社会派」の要素もあり、390ページでも一気に読めます。

続きを読む

6/21まで、BookLive!で伊集院静フェア、『大人の流儀』など電子書籍10点が30%OFF

凸版印刷グループの電子書籍販売プラットフォーム、BookLive!では、6月21日まで、「『大人の流儀』伊集院静フェア」を開催中。

『大人の流儀』シリーズなどエッセーほか10点を、30%OFFで購入できます。

続きを読む

伊集院静著「イザベルに薔薇を」発売

伊集院静著「イザベルに薔薇を」が。2月に発売されました。

詩を愛し、亡き母を敬愛する純粋な青年・詩人美(しじみ)は故郷を離れ、
東京で暮らす叔父の無塁(むーる)のもとに身を寄せていた。
一見、破天荒だが純粋で不思議な魅力を持つ無塁のもとで、
いろんな人に出会い、恋をし、青年は大人の男に成長していく。
伊集院静の真骨頂ともいえる青春小説。

とのことです。 続きを読む

伊集院静著「東京クルージング」を読む

伊集院静著「東京クルージング」を読みました。

著者が尊敬するバッター、松井秀喜が実名で登場し、著者の分身と思われる作家と、松井氏の特番を作るTV局のディレクターの野球話かと思いきや、後半、まったく異なるテイストの、生々しい女性の人生ドラマに変わります。
続きを読む

2月21日、八重洲ブックセンターで、伊集院静氏サイン会

2月3日「東京クルージング」を出版した伊集院静氏ですが、2月21日(火)18時から、東京駅前八重洲ブックセンター本店でサイン会を行います。

事前申し込み先着100名まで。同書店で書籍購入の上、整理券受け取り。
続きを読む