瀬名秀明著『小説 ブラック・ジャック』を読む

瀬名秀明著『小説 ブラック・ジャック(APeS Novels)』を読みました。

ご存知、手塚治虫の医療漫画『ブラック・ジャック』のノベライズ。

現代の医療技術や時代状況を踏まえて、今ブラック・ジャックが手術をするなら、という5話。

原作同様、医療技術だけでなく、最新のエポックとヒューマンドラマを絡ませて、最後は、ぐっとくるお話になっています。以下多少、ネタバレあり。

全部で5話の構成。「B・J vs AI」は、自律的に高難度の手術もこなす、AI搭載の手術ロボットを開発した外科医が、ブラックジャックに挑戦状を送り、ロボットの手術室にB・Jが現れるが・・・人間と手術ロボットの未来を問いかける。

「命の贈りもの」以前は治療困難だった難病の弟を、冷凍保存から甦らせ、iPS細胞の技術で治癒を目指す研究者。そこには超難度の手術も不可欠・・・B・Jすら諦めていた、その先に。

「ピノコ手術する」テロの絶えない紛争地域で働く「医療関係者」の過酷な現状を描く一方、ピノコとB・Jのつながりを感じさせるエピソードのオーバー・ラップ。

「女将と少年」主人公の消化器外科医に「手塚」登場。病気で悩む母を救うべく、子供からの提案を受け、手術を準備する手塚に、絶体絶命の困難が。

「三人目の幸福」B・Jが探し当てた「仇」の前には、既に「殺し屋」ドクター・キリコが。殺すのか救うのか?生きている、とはどういうことか。何のための医療か。
B・Jの生き様をなぞりながら、医療と生きる意味も問いかける、エンディング・テーマ。

最後の話は、凄く解釈・意見が分かれそうな話で、読者が、誰かと話したくなるエピソードかと思われます。

全体に、医療技術の凄さ、B・Jの神業そのものより、原作同様、人の生き様の方をより抉った、著者としては異色な作品かと思われます。

尚、手塚治虫へのオマージュとして、各話に仕掛けがありますが、それは読んでのお楽しみ。

続きを読む

7/16瀬名秀明著『小説 ブラック・ジャック(APeS Novels)』発売

7月16日に、瀬名秀明著『小説 ブラック・ジャック(APeS Novels)』が発売になります。

ご存知、手塚治虫による医療漫画の最高峰(外科医・漫画家さーたりさん)『ブラックジャック』を、薬学博士でもある作家、瀬名秀明がノベライズ。

「現代にもしブラック・ジャックがいたら……」誰もが思い描いたことのあるそんなファンタジーを、
小説家としての想像力、研究者としての分析力、ファンとしての圧倒的な知識と情熱で瀬名氏が現実のものとします。

とのことです。

続きを読む

5/16瀬名秀明著『魔法を召し上がれ』発売、電書は5/15から(更新)

5月16日に、瀬名秀明著『魔法を召し上がれ』が発売になります。電子書籍版は5月15日から。

港町のレストラン《ハーパーズ》で働く青年マジシャン・ヒカル。客のテーブルをまわり、マジックを披露して食事を彩っている。ヒカルには、忘れられない人がいた。高校時代、突然目の前から失われた同級生の少女・美波(みなみ)だ。ある日、《ハーパーズ》にやってきた客は、目の見えない老紳士と彼の妻。ヒカルは二人に楽しんでもらえるようつとめるが、老紳士にはある秘密があった――。喪失を抱えた青年と、彼をとりまく人々の物語。

とのことです。

単行本としては著者2年ぶりの作品となります。576ページの大部。

(5/9追記)電子書籍版が5月15日から各プラットフォームで配信開始となります。価格は2,376円。下記リンク参照。

紙版は、各プラットフォームで発売。

瀬名秀明 著  『魔法を召し上がれ』 
本購入:【amazon】 【honto本】 【楽天ブックス】 【紀伊國屋】  【セブンネット
電子書籍:【Kindle】【honto】【楽天電書】【Kinoppy】【BookLive
AppleBooks
発行:2019/05/16 出版社:講談社 紙価格:2916円
ジャンル:SF 形態:単行本

「瀬名秀明『この青い空で君をつつもう』と折り紙の世界」サイトがオープン

瀬名秀明氏が昨年10月に発表した、折り紙を題材にした長編小説、「この青い空で君をつつもう」に関連して、同作品内に登場する折り紙と、その作り方を記した「折り図」のサイトをオープしました。

⇒瀬名秀明『この青い空で君をつつもう』と折り紙の世界」
http://www.senahideaki.com/origami/

続きを読む

瀬名秀明著「この青い空で君をつつもう」を読む

瀬名秀明著「この青い空で君をつつもう」を読みました。著者、久々の単行本。

筆者によると、母校の静岡高校をモデルとした、ということで、同校関係者や静岡の人には、懐かしい、ぴんとくる背景が、散りばめられていると思われます。

また、本の帯にも「青春ラブストーリー」とのキャッチがついていますが、私は、少し違った感想を持ちました。

続きを読む