伊集院静著『いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 上』発売中

ご紹介が遅れましたが、伊集院静著『いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 上』が、12月に発売になっていました。

著者の評伝ものは何作品がありますが、意外にも初の時代小説とのこと。

・・・幼少期、「弱虫竹太郎」と呼ばれた赤穂藩の大石良雄は、師・山鹿素行や大叔父・頼母助、祖父・良欽の教えを受け、二十一歳で家老職を継ぐ。勘定方や商人など様々な立場で国を支える人々に出会い、世を統べる武士の信念を抱いてゆく。やがて藩主・浅野内匠頭に再会した良雄はその清らかな心に惹かれながらも、危うさを感じ取るが―。後年、決起を共にする堀部安兵衛との邂逅など「事件」前夜を描く、伊集院静版・新忠臣蔵。

続きを読む

伊集院静著『いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 下』発売中

伊集院静著『いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 下』が、12月に発売になっていました。

著者初の時代小説。

赤穂の田舎侍が――。元禄十四年、赤穂藩主・浅野内匠頭は江戸城・松の廊下で吉良上野介に対し刃傷沙汰を起こし、即日切腹の裁定が下される。赤穂藩士は堀部安兵衛ら急進派が目論む吉良への仇討ちとお家再興の間で揺れ動く。双方の志と痛みを受け止めた家老・大石良雄は全てを擲つ覚悟で、訪れるであろう復讐の時を待っていた。そして明らかになる良雄の周到な計画と、時代を超えた復讐の狙い。良雄の計画を影で支える四十八番目の志士の正体とは? 日本史上最も有名な復讐劇を独自の視点で描き切った時代長篇、完結!

続きを読む

雑誌「ダ・ヴィンチ 2020年8月号」で伊坂幸太郎特集

ちょっと遅くなりましたが、雑誌「ダ・ヴィンチ 2020年8月号」で、『伊坂幸太郎の20年』という特集をやっていましたので、ご紹介。

関係の深い各氏や、ファンである著名人の寄稿の他、書下ろし小説「猫は気楽でうらやましい」も掲載されています。

続きを読む

瀬名秀明、押谷仁他著『ウイルスVS人類』発売

瀬名秀明、押谷仁、五箇公一、岡部信彦、河岡義裕、大曲貴夫(敬称略)、NHK取材班共著の文春新書『ウイルスVS人類 (文春新書 1270)』が、発売になりました。

税込み880円で、新書、電子書籍同時発売です。

三部構成で、第1部、2部は、新型コロナウィルスについて、NHKBSで放送された2番組の再構成。

各分野の第一線の研究者、臨床医と、瀬名秀明の対談形式で、研究、臨床の実際、今後、今後の治療薬、ワクチンの見通しから、求められる社会のありようまで、分かり易く解説しています。
続きを読む

hontoが5/31まで、読書一生分ポイント他当たるキャンペーン

本・電子書籍販売プラットフォームのhontoでは、5月31日まで、無料会員登録・エントリーで、読書一生分のhontoポイント他が当たる「読書一生分プレゼントキャンペーン2020」を実施しています。

ツイッターとの連携で当選確率が10倍になる「宝さがし」もあり。

続きを読む