11/27熊谷達也著『我は景祐』発売

11月27日、熊谷達也著『我は景祐』が発売になります。

薩長土肥、新選組だけではない! 幕末のニューヒーローは東北にいた! 幕末、鳥羽伏見の戦いにより朝敵となった会津藩への出兵を迫られた東北の雄・仙台藩。義を取るか、我が身を取るか――。究極の選択を迫られるなか、若き藩士・若生文十郎景祐が立ち上がる! 奥羽越列藩同盟を導いた男達の知られざる暗闘と、戊辰戦争の新たな一面を描いた、著者新境地となる感動の時代巨編!

とのことです。

著者としては珍しい、武士が主人公の時代小説のようです。

続きを読む

7/16瀬名秀明著『小説 ブラック・ジャック(APeS Novels)』発売

7月16日に、瀬名秀明著『小説 ブラック・ジャック(APeS Novels)』が発売になります。

ご存知、手塚治虫による医療漫画の最高峰(外科医・漫画家さーたりさん)『ブラックジャック』を、薬学博士でもある作家、瀬名秀明がノベライズ。

「現代にもしブラック・ジャックがいたら……」誰もが思い描いたことのあるそんなファンタジーを、
小説家としての想像力、研究者としての分析力、ファンとしての圧倒的な知識と情熱で瀬名氏が現実のものとします。

とのことです。

続きを読む

5/16瀬名秀明著『魔法を召し上がれ』発売、電書は5/15から(更新)

5月16日に、瀬名秀明著『魔法を召し上がれ』が発売になります。電子書籍版は5月15日から。

港町のレストラン《ハーパーズ》で働く青年マジシャン・ヒカル。客のテーブルをまわり、マジックを披露して食事を彩っている。ヒカルには、忘れられない人がいた。高校時代、突然目の前から失われた同級生の少女・美波(みなみ)だ。ある日、《ハーパーズ》にやってきた客は、目の見えない老紳士と彼の妻。ヒカルは二人に楽しんでもらえるようつとめるが、老紳士にはある秘密があった――。喪失を抱えた青年と、彼をとりまく人々の物語。

とのことです。

単行本としては著者2年ぶりの作品となります。576ページの大部。

(5/9追記)電子書籍版が5月15日から各プラットフォームで配信開始となります。価格は2,376円。下記リンク参照。

紙版は、各プラットフォームで発売。

瀬名秀明 著  『魔法を召し上がれ』 
本購入:【amazon】 【honto本】 【楽天ブックス】 【紀伊國屋】  【セブンネット
電子書籍:【Kindle】【honto】【楽天電書】【Kinoppy】【BookLive
AppleBooks
発行:2019/05/16 出版社:講談社 紙価格:2916円
ジャンル:SF 形態:単行本