仙台で4/6-9まで、三谷幸喜作・演出、内野聖陽・瀬戸康史出演「笑の大学」5公演

来年2023年4月6日(木)から9日(日)まで、仙台市青葉区の電力ホールで、三谷幸喜作・演出による二人芝居、「笑の大学」が5公演、上演されます。

出演は、お馴染みの内野聖陽瀬戸康史

チケットは全席指定10,000円で、先行抽選予約が、今日から12月13日まで、チケットぴあiconであります。

“仙台で4/6-9まで、三谷幸喜作・演出、内野聖陽・瀬戸康史出演「笑の大学」5公演” の続きを読む

11/26-3/12、仙台で劇団四季ミュージカル『リトルマーメイド』上演

11月26日(土)から2023年3月12日(日)まで、仙台市定禅寺通りの東京エレクトロンホール宮城で、劇団四季のミュージカル、『リトルマーメイド』が上演されます。

今回は、ディズニーの演劇スタッフと、日本の演者の組み合わせ。

既に、良席の前売りチケットは、売切れの日が多いですが、本日からチケットぴあiconで、2月後半、3月分のS1席(9,900円~12,100円)の先行先着販売がはじまっています。

“11/26-3/12、仙台で劇団四季ミュージカル『リトルマーメイド』上演” の続きを読む

11/27まで宮城県美術館「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」平日でも盛況

先日、仙台市青葉区の宮城県美術館に、「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」を見てきました。

目玉は、何者かに塗りつぶされていた、背景のキューピッドを、修復により復元した、フェルメールの『窓辺で手紙を読む女』の、同美術館以外では、世界初となる日本での公開。


↑カレンダー2023 名画と暮らす12ヶ月 フェルメール
“11/27まで宮城県美術館「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」平日でも盛況” の続きを読む

11/27まで仙台「MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~」で、ほっこり

仙台駅西口のイービーンズ9Fで行われている「MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~」を見てきました。

11月27日まで開催。10時から18時まで(入場は30分前まで)。入場料は大人1200円、高校生以下700円。

身近な物とミニフィギュアを組み合わせた、見立ての発想、イメージ力に本当に感心します。

田中達也作

“11/27まで仙台「MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~」で、ほっこり” の続きを読む

仙台の街風景の美しさを再発見、『2022年山本重也展』11/1まで

仙台市青葉区の藤崎一番町館3Fで開催されている、『2022年山本重也展』に行ってきました。

2017年に東京から仙台に移住してきたイラストレーター、山本重也さんが、毎日1点ずつ仙台の街風景を描いた、絵葉書大の絵が1年分、365枚展示されています。

2022年山本重也展
山本重也作「冬の暖かな灯」

“仙台の街風景の美しさを再発見、『2022年山本重也展』11/1まで” の続きを読む