11/22から、平日の東北・北海道新幹線各8号車に「オフィス車両」、追加料金無し

11月22日から、JR東日本・JR北海道では、東北・北海道新幹線で、最繁忙期を除く、平日運行の全列車・全区間で8号車に、電話やWeb会議などがテレワーク可能な、「オフィス車両」を設定と発表しました。

新幹線の乗車券、特急券があれば利用でき、追加料金不要。しかも、後述の特典や無料サービスもいろいろあり。

ただし、事前に座席指定ができない「自由席」なので、席を確保したければ、駅で並ぶ必要はありそうですし、中間の駅では満席の事もありえますね。


それでも、東京-仙台間の2時間弱で集中してとか、北海道新幹線では、トンネル区間も多いので、時間を有効活用できますねw

ビジネス以外のオンライン授業などでも利用可能とのことです。

他にも、北陸、上越新幹線でも実施。猶、山形・秋田新幹線は対象外。

また、設定されない期間は、休・祝日、年末年始、お盆、GWなどです。

注目は、特定の列車限定ですが、12月1日からは、専任アテンダントにより、リモートワーク支援ツールの無料貸し出しが行われる点。(数量限定)

これは、「折畳み式間仕切り」「集中力を高めるウェアラブル端末」「スマートグラス」などで、今後は、モバイルプリンタも予定。

auのWi-Fiルーターも、200円と有料ですが、貸出し可能。

東京駅では、モバイルバッテリの貸し出しも予定。

そのほか、お茶1本分の自販機ポイント貰えるとか、東京方面を午前に発・着する列車のリピーター向けに、10,000JREポイントが上当たるキャンペーンなどもあるようです。

まあ、追加サービスは別として、スマホなどのモバイル端末や、パソコンなどは自分で用意するわけだし、席自体は普通なので、追加料金無しは、妥当かもしれませんね。

ちなみに、一部座席は電源が無い、との注あり。

JR東日本ダイナミックレールパック