8/1仙台で、こまつ座舞台、青柳翔主演『人間合格』上演

8月1日(土)13:30から、仙台市旭が丘の、日立システムズホール仙台シアターホールで、井上ひさし作、こまつ座第133回公演『人間合格』が上演されます。

演出・鵜山仁(文学座)、主演・青柳翔(劇団EXILE)、塚原大助、伊達暁、益城孝次郎、北川理恵、栗田桃子出演。

当日は、新型コロナウィルス対策のため、マスク必、1席空け、連絡先の登録、体温測定、などが行われます。

チケットは、全席指定3500円から6500円で、同ホール、イズミティ21、仙台文学館の、市内3か所のみで発売中。


このような状況で上演するのは、なかなか大変でしょうが、諸対策をとったうえでの上演です。

仙台文学館と、日立システムズホール仙台の共催事業。

随所にはさまれる太宰作品のパロディや、愉快で軽やかな会話とともに、太宰の持っていた優しさや良心を描き、従来の太宰治のイメージを一新させた戯曲を、演出・鵜山仁、主演・青柳翔(劇団EXILE)でお届けします。

とのことです。

太宰治作品のパロディーが、ちりばめられた楽しい作品で、演劇ロスを癒されてはいかかでしょうか。

井上ひさし氏は、ご承知のように、仙台一高出身で、仙台文学館の初代館長でした。

「人間合格 (集英社文芸単行本)」