7/1から仙台市が給与・雑収入申告の個人事業主向け、支援金申請受付

仙台市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、2-6月の月収が、昨年より半減以下になった、個人事業者(フリーランス)向けの地域産業支援金を、主たる収入が、給与・雑収入で申告している個人事業主向けにも、7月1日から受け付けると発表しました。

支援金額は、一律20万円。尚、あくまで独立して、事業を営んでいる方向けで、派遣社員・契約社員・アルバイト・パート等、雇用による勤務の方は、対象外です。

MoMA STORE


支給されるための条件は、
1.仙台市に住民登録や納税地を設定している個人事業主
2.令和2年2月から6月までのうち、主たる収入が前年同月比で50%以上減少している月がある
3.「休業要請業種」向け、地域産業協力金(40万円)を申請していない

必要書類は、申請書、去年の確定申告書、今年の月別収入がわかる売上帳簿的なもの、通帳のコピー、公的な身分証明書、誓約書に加えて、

■「事業を行う際に必要な許認可書・届出書、業務委託契約書、発注者発行の発注書・依頼書等で、事業を実施していることが客観的にわかる書類※申請者以外の第三者により作成又は発行され、押印等による確認がされている」書類
■国民健康保険証のコピー(給与所得の場合)
と、事業収入で申請するより、書類が2種類多くなっています。(最近開業など、特例の方は、さらに必要書類あり)

個人事業主なのか、サラーリマンなのかの判別のためでしょうが、微妙なところです。

その分、審査の時間が一か月以上と、最初から長くなると宣言されています。

なので、事業収入がメインの方は、提出書類も少ないので、そちらで申請した方が早いでしょう。既に受付中で、締めきりは7月15日までなのでお早目に。

今回開始分の、給与・雑収入申告の方は7月31日までの、受付です。

6/26更新)尚、重複して受けて取れる予定の、国の「持続化給付金」(最大で100万円)の方も、同様の申告形態の方の申請を、6月29日から受付開始(書類アップロード型のオンライン)。近々始めるとなっています

が、今日現在は未発表で、仙台市の方が早いですね。ただし、仙台市の方でも、審査に、一か月はかかるので、振り込まれるのは早くても、8月上旬のようですね。