仙台駅東口徒歩5分に、151室の「ホテルグランバッハ仙台」オープン

JR仙台駅東口徒歩5分の宮城野通沿いに、地上16階のビルの7F~16Fで151室の「ホテルグランバッハ仙台」がオープンしました。

ダブル(18-24㎡)、ツイン(23-39㎡)、トリプル(27-31㎡)、和洋室(4名まで35-48㎡)そしてスイート(1室のみ77㎡15階)という構成ですが、シングルユースも可能。

最上階には、大浴場・休憩室やコインランドリーもあります。


7階のレストラン兼用ロビーラウンジにはパイプオルガン設置。コンシェルジェ・サービスあり。

JR仙台駅、東口の高速バスターミナルに近いだけでなく、東の東北楽天の球場まで、歩いて行けないことはないw交通至便な立地。

価格帯は、通常一人当たり、1万から2万円位が中心のようですが、2021年10月末までは、開業記念セールで、直販では、曜日により、ツイン2名で8,000円、1名1室で7,000円以下とか激安の日もあるようです。(7/7現在)

運営は、とんかつの「さぼてん」はじめ、大学、企業の寮や社員食堂などの運営をしている、(株)グリーンハウスグループのホテル運営会社、グリーンホスピタリティーマネジメント

「ホテルグランバッハ」ブランドは直営で、仙台は全国5つ目ということです。