5/14-15、仙台・青葉まつり、規模縮小して3年ぶり開催

5月14日(土)、15日(日)、仙台市中心部の定禅寺通り、勾当台公園付近を会場に、「第38回仙台・青葉まつり」が、規模縮小し、3年ぶりに開催されます。

メインの「すすめ踊り」演舞は、14・15日共、出場祭連数を制限して、会場を屋外の仙台市民広場(市役所前)にして、1回320席限定で、1日3回の入れ替え制により、名簿・QRコード登録の上、観覧可能となっています。


14日のすずめ踊りの宵流しは、定禅寺通/15:20~18:00(北側コース、南側コース 各26~29祭連)に実施。

その後、仙台宵山鉾巡行は、18時から、例年11基を1基のみとし、定禅寺通りを1時間のみ巡行。

15日の本まつり巡行(武者行列~政宗公山鉾巡行)も武者行列の公募は中止しているので、例年より人数しぼっての行列で12時45分から14:00まで。

その後、すずめ踊り定禅寺流しは、定禅寺通/14:15~16:10(北側コース、南側コース各21~25祭連)となっています。

時間と場所をご確認の上、感染対策施して、御覧ください。⇒公式開催パンフ

尚、14、15日の市民広場演舞場でのすずめ踊りの様子は、公式Youtubeチャンネルでも、無料配信されるとのことです。

また、開催にともなって、晩翠通りと東二番丁通りの間の定禅寺通りは、14日-15日の午後に車両通行止めなど、交通規制もあります。