5/1、宮城県沖でM6.8、震度5強の地震、仙台市内の一部で水道管破裂

昨日5月1日午前10時27分ごろ、宮城県沖を震源とするM6.8、最大震度5強の地震があり、大崎市、涌谷町、石巻市で震度5強のほか、宮城県内の広い範囲で震度5前後の強い揺れがとなりました。津波は無し。

2月13日の福島県沖M7.3、3月20日の宮城県沖M6.9と、ほぼ毎月のように震度5以上の強い地震が連続しているせいか、今回は、仙台市泉区など一部で、水道管の破裂、漏水の被害があったほか、エレベーターの休止、大型施設で窓ガラスが割れる被害も出たようです(河北新報)。


交通機関は新幹線始め、在来線のほとんどが、一時停止、徐行運転、運休、高速道路に一時通行止めなど、長時間にわたって影響がでました。

仙台市営地下鉄も、今回は徐行運転が昼頃まで続きました。

5月の連休も、新型コロナの影響で、巣ごもりとか我慢の日々のところ、地震まで来るとは、ほんとに困ったものです。