1/21-4/9迄、石ノ森萬賀館で、「十二国記」山田章博原画展、3/5に編集者トークイベント

1月21日(土)から、4月9日(日)まで、小野不由美作の長編ファンタンジー小説、「十二国記」の、華麗なイラストを展示する、「十二国記」山田章博原画展が、石巻市の石ノ森萬賀館で開催されます。

火曜日は休館(例外あり)。9時から17時まで会場。入館料は、大人900円/中高生600円/小学生250円となっています。


漫画家、イラストレーターの山田章博による、150点以上の小説「十二国記」直筆原画の他、グッズ・イベント用の描きおろし作品、初公開となるラフ画も特別展示とのことです。

東北では初の展覧会。貴重なグッズも販売されるので、ファンの方には楽しみですね。

さらに、「十二国記」担当編集・新潮社の鈴木真弓氏によるギャラリートークが、3月5日(日)の13時、15時の2回行われます。(1/21の回はすでに締め切り)。

各回10名まで(申し込み多数の場合は抽選)と、競争率は高いですが、ファンタジー小説の編集者のお話を直に聞ける、貴重な機会です。

事前申し込みは、2月1日からWeb上で開始。

こちらも、この企画ならではのイベントなので、興味のある方は是非。