仙台文学館で、5月から「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」、締め切り4/10

仙台市青葉区の仙台文学館で、4回目となる、「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」が、2019年5月から2020年1月まで、全5回(日曜開催)の予定で行われます。

仙台在住作家・佐伯一麦氏による読んで書く実作講座。定員30名。1回1000円の受講料必要。4月10日(水)必着で、往復はがきで応募。抽選。

続きを読む

伊坂幸太郎著『フーガはユーガ』が本屋大賞にノミネート

伊坂幸太郎著『フーガはユーガ』が、今年2019年の本屋大賞にノミネートされています。

既に2008年に『ゴールデンスランバー』で大賞を受賞しているほか、毎年のようにノミネートされる、全国の書店員さん一押し作家とってもいい、伊坂氏。

今回の作品は、ひさびさに、読者おなじみの「伊坂ワールド」の詰まった作品で、2回目の大賞授賞が期待されるところです。

続きを読む

三浦明博著『集団探偵』2/15まで全文無料配信、カバーイラスト公募(終了)

三浦明博著『集団探偵』が、講談社の本づくりプロジェクト第一弾として、2月15日まで限定で、プロジェクトの公式サイトのWeb版と、アマゾンのKindle他各社の電子書籍プラットフォームで、全文無料公開されています。(終了)

<シュアハウス銀杏坂>の住人達は、一癖も二癖もある探偵たちばかり。町の事件を、土蔵に集まり多数決で解決する彼らは、熊出没事件から誘拐事件まで、数々の難事件?を人知れず解決する!読み出したらとまらない、乱歩賞作家の新境地!

とのことです。

続きを読む

2月21日、八重洲ブックセンターで、伊集院静氏サイン会

2月3日「東京クルージング」を出版した伊集院静氏ですが、2月21日(火)18時から、東京駅前八重洲ブックセンター本店でサイン会を行います。

事前申し込み先着100名まで。同書店で書籍購入の上、整理券受け取り。
続きを読む

仙台文学館で5月から「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」開催、4/7締め切り

仙台文学館では、研究者・作家・朗読アナによるセミナーを毎年開催していますが、仙台在住小説家の佐伯一麦氏による、「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」全5回が、5月8日から月1回程度、10月までの土日に行われます。

募集定員は、30名、受講料は1回1,000円。応募は往復ハガキを使用し、4月7日まで

続きを読む