メルカリ公式ツィッターで、伊坂幸太郎他がショートショート公開

フリマアプリのメルカリでは、10人の小説家とコラボして、公式ツィッター上で、「モノガタリ」キャンペーンを行っています。

提供されるショートショート作品のテーマは、フリマらしく、”人から人へとモノが循環する”ストーリー。

トップバッターが、伊坂幸太郎で、4月28日に、1時間ごと6回に分けて「いい人の手に渡れ!」を公開済みです。ツイッターアカウント無くても、ブラウザで読めます。

続きを読む

佐伯一麦仙台文学館長、9月からエッセイ講座、4/21まで申し込み

4月から3代目の仙台文学館長に就任した佐伯一麦氏が、仙台市青葉区の同館で、2020年9月から2021年2月にかけて、各3回、A・B2コースの「佐伯一麦エッセイ講座」を行います。

定員は各コース15名で、1回1000円の受講料が必要。3回とも出席できる方のみ。

往復ハガキで4月21日(火)必着で申し込み。抽選となります。

続きを読む

3月からEテレ「100分de名著」で、「アーサー・C・クラーク スペシャル」、瀬名秀明氏が講師

NHK Eテレで毎週月曜に放送されている教養番組「100分de名著」の3月放送分で、瀬名秀明講師による「アーサー・C・クラーク スペシャル」が放送されるようです。

まだ公式Webには2月の放送予定しか掲載されていませんが、テキスト本『「アーサー・C・クラーク」スペシャル 2020年3月』が、NHK出版より、2月25日から発売になります。

続きを読む

仙台文学館で、5月から「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」、締め切り4/10

仙台市青葉区の仙台文学館で、4回目となる、「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」が、2019年5月から2020年1月まで、全5回(日曜開催)の予定で行われます。

仙台在住作家・佐伯一麦氏による読んで書く実作講座。定員30名。1回1000円の受講料必要。4月10日(水)必着で、往復はがきで応募。抽選。

続きを読む

伊坂幸太郎著『フーガはユーガ』が本屋大賞にノミネート

伊坂幸太郎著『フーガはユーガ』が、今年2019年の本屋大賞にノミネートされています。

既に2008年に『ゴールデンスランバー』で大賞を受賞しているほか、毎年のようにノミネートされる、全国の書店員さん一押し作家とってもいい、伊坂氏。

今回の作品は、ひさびさに、読者おなじみの「伊坂ワールド」の詰まった作品で、2回目の大賞授賞が期待されるところです。

続きを読む