伊集院 静

新着情報


野球やギャンブルの場面などと、過去をオーバラップさせた初期の短編集が、余韻があって個人的には好きです。最近は、かつての東映映画を彷彿とさせるヤクザな男の一代記や、単身、国交の無い国に、身内を助けにひとり乗り込む父親をえがいた作品など、スペクタクルな長編が魅力的です。その他、美術、ゴルフ、野球等々の、エッセイ集多数。電子書籍も独自の企画で出しています。
現在、河北新報に仙台を舞台にした長編小説「青葉と天使」連載中。直木賞審査委員。

略歴と代表作

1950年山口県生まれ、立教大卒。作詞家、CMディレクターなどを経る。中年の人生の機微を描いて読ませる。野球好きで野球をを題材にした作品も多い。その他海外ゴルフ場案内、美術作品紹介、絵本、エッセイなど多作。
1990年『乳房
 第12回吉川英治文学新人賞
1992年『受け月
 第107回直木賞
1994年『機関車先生
 第7回柴田錬三郎賞。坂口憲ニ主演で映画化。
2001年『ごろごろ
 第36回吉川英治文学賞
2006年『宙ぶらん
2008年『羊の目
2009年『少年譜
ちなみに、著者夫人は仙台出身の篠ひろ子さん、娘西山繭子さんも女優。