佐伯一麦著『山海記』発売中

佐伯一麦の長編小説『山海記』(せんがいき)が、3月22日に発売されています。

東北の大震災後、水辺の災害の歴史と土地の記憶を辿る旅を続ける彼は、その締めくくりとすべく、大震災と同じ年に台風12号による記録的な豪雨に襲われた紀伊半島に向かった。バスの車窓から見える土砂災害の傷跡を眺める彼の胸中には、クラシック好きで自死した友・唐谷のことなど、さまざまな思いが去来する。現代日本における私小説の名手が、地誌と人びとの営みを見つめて紡ぐ、人生後半のたしかで静謐な姿。

とのことです。

続きを読む

仙台文学館で、5月から「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」、締め切り4/10

仙台市青葉区の仙台文学館で、4回目となる、「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」が、2019年5月から2020年1月まで、全5回(日曜開催)の予定で行われます。

仙台在住作家・佐伯一麦氏による読んで書く実作講座。定員30名。1回1000円の受講料必要。4月10日(水)必着で、往復はがきで応募。抽選。

続きを読む

佐伯一麦『麦の日記帖 震災のあとさき2010-2018』発売中

2018年11月に、佐伯一麦著のエッセイ集『麦の日記帖 震災のあとさき2010-2018』が、出版されていました。

仙台の大人向けタウン誌『Kappo 仙台闊歩』で、連載中のエッセイ、「闊歩する日々 杜の日記帖」の2010年から2018年分を収録とのことです。

続きを読む

仙台文学館で5月から「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」開催、4/7締め切り

仙台文学館では、研究者・作家・朗読アナによるセミナーを毎年開催していますが、仙台在住小説家の佐伯一麦氏による、「佐伯一麦エッセイ実作鑑賞講座」全5回が、5月8日から月1回程度、10月までの土日に行われます。

募集定員は、30名、受講料は1回1,000円。応募は往復ハガキを使用し、4月7日まで

続きを読む