伊集院静著「東京クルージング」発売

2月3日伊集院静著「東京クルージング」が発売されました。
著者は、このところエッセイ集の出版が続いていましたが、久々に長編小説。

・・・三阪君には病魔が迫っており、さらに決して忘れることのできない女性がいたのだった。彼が一生を誓い合ったその女性は、突然、彼の許を去ったというのだ。何も言わずに、何も残さずに……。彼の死後、手紙を受け取った私は、三阪君の過去を辿り、彼女の行方を探しはじめる。

続きを読む

伊集院静著「愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない」4/4発売

伊集院静著「愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない」が4月4日に発売になります。

変わったタイトルですが、

まっとうな社会の枠組みでは生きられない三人の“愚者”たちとの濃密な時間、友情を越えた男と男の愛を描いた著者渾身の自伝的長編小説

というコピーがついています。

続きを読む

伊集院静著「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」を読む

伊集院静著「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」を読みました。

正岡子規というと、司馬遼太郎原作でNHKのドラマにもなった「坂の上の雲」での香川正照の壮絶な演技を思いだしますが、この本では、表題の通り、正岡子規と夏目漱石の交流と共に、野球にも親しんだ子規の伸びやかな青春時代と、壮絶な闘病と共にあった晩年(といっても享年34歳ですが)を描きます。

続きを読む

11/22伊集院静著「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」発売

いねむり先生』から2年半ぶりの長編小説、伊集院静著「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」が11月22日から発売になります。

著者がデビュー前から構想していたという、あこがれのノボさん=正岡子規と夏目漱石の交流を描いた青春小説とのことです。400ページ。

11月7日現在、アマゾン、楽天ブックス、hontoで予約可能。

尚、アマゾンで1680円と表示されていますが、1785円が正解のようです。と思ったら、1680円に統一されてました???
続きを読む

伊集院静著「逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方」発売中

この度、国民栄誉賞を受賞することになった、プロ野球の松井秀喜選手について、もと高校球児でもあった、伊集院静氏は2006年に「MODESTY 松井秀喜 つつしみ深い生き方」(現在品切れ中)を出版するなど、選手としてだけでなく、人間性について非常に感銘を受けているようです。

そして、この受賞が決まる以前に書かれた、「逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方」が3月に発売になっていました。

家族ぐるみで松井選手と親交がある著者が、さらに愛情をもってかかれたエッセイとのことです。

続きを読む