伊集院静著「東京クルージング」を読む

伊集院静著「東京クルージング」を読みました。

著者が尊敬するバッター、松井秀喜が実名で登場し、著者の分身と思われる作家と、松井氏の特番を作るTV局のディレクターの野球話かと思いきや、後半、まったく異なるテイストの、生々しい女性の人生ドラマに変わります。
続きを読む

2月21日、八重洲ブックセンターで、伊集院静氏サイン会

2月3日「東京クルージング」を出版した伊集院静氏ですが、2月21日(火)18時から、東京駅前八重洲ブックセンター本店でサイン会を行います。

事前申し込み先着100名まで。同書店で書籍購入の上、整理券受け取り。
続きを読む

伊集院静著「東京クルージング」発売

2月3日伊集院静著「東京クルージング」が発売されました。
著者は、このところエッセイ集の出版が続いていましたが、久々に長編小説。

・・・三阪君には病魔が迫っており、さらに決して忘れることのできない女性がいたのだった。彼が一生を誓い合ったその女性は、突然、彼の許を去ったというのだ。何も言わずに、何も残さずに……。彼の死後、手紙を受け取った私は、三阪君の過去を辿り、彼女の行方を探しはじめる。

続きを読む

伊集院静著「愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない」4/4発売

伊集院静著「愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない」が4月4日に発売になります。

変わったタイトルですが、

まっとうな社会の枠組みでは生きられない三人の“愚者”たちとの濃密な時間、友情を越えた男と男の愛を描いた著者渾身の自伝的長編小説

というコピーがついています。

続きを読む

伊集院静著「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」を読む

伊集院静著「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」を読みました。

正岡子規というと、司馬遼太郎原作でNHKのドラマにもなった「坂の上の雲」での香川正照の壮絶な演技を思いだしますが、この本では、表題の通り、正岡子規と夏目漱石の交流と共に、野球にも親しんだ子規の伸びやかな青春時代と、壮絶な闘病と共にあった晩年(といっても享年34歳ですが)を描きます。

続きを読む