伊集院静著『いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 下』発売中

伊集院静著『いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 下』が、12月に発売になっていました。

著者初の時代小説。

赤穂の田舎侍が――。元禄十四年、赤穂藩主・浅野内匠頭は江戸城・松の廊下で吉良上野介に対し刃傷沙汰を起こし、即日切腹の裁定が下される。赤穂藩士は堀部安兵衛ら急進派が目論む吉良への仇討ちとお家再興の間で揺れ動く。双方の志と痛みを受け止めた家老・大石良雄は全てを擲つ覚悟で、訪れるであろう復讐の時を待っていた。そして明らかになる良雄の周到な計画と、時代を超えた復讐の狙い。良雄の計画を影で支える四十八番目の志士の正体とは? 日本史上最も有名な復讐劇を独自の視点で描き切った時代長篇、完結!


紙版、電子書籍版が各プラットフォームから発売になっています。上・下合本もあり。各リンクから購入できます。

伊集院静 著  『いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 下』 
本購入:【amazon】【honto本】【楽天ブックス】【紀伊國屋】【セブンネット】【Honya Clubicon
電子書籍:【Kindle】【honto】【楽天電書】【Kinoppy】【BookLive
AppleBooks
発行:2020/12/18 出版社:KADOKAWA 紙価格:1870円
ジャンル:歴史 形態:単行本